風俗求人に応募する際の面接の概要

風俗求人に募集を申し込みした人の面接に関して、面接は風俗店の責任者と行われる事が普通です。基本的に風俗店で面接が行われるが、応募に関しての流れは一般企業に応募する時と同じで、応募したい風俗店に問い合わせて、募集をしているならば面接日を決めるなどの段取りを行います。面接日に面接会場に行く場合に、風俗店の場合は履歴書などの応募書類が不要である事が多くて、個人情報や志望動機に関して、風俗店が指定する申し込み用紙に面接時に書いて、書いた内容に基づいて面接を行っていく場合が多いです。風俗店と言っても、一般の企業と面接の方式はほとんど変わらないです。面接の対応として、応募した人が気持ちよい挨拶を行ったり、明るく振舞えば採用の確率は上がるので、一般企業の面接と同じように第一印象が重要です。特に風俗に関する仕事の経験に関しては、あまり問われない事が多いので、風俗の仕事に関するやる気を責任者にアピールする事が大切で、自己管理ができる事が採用の条件としている風俗店が多いです。面接の結果に関しては、面接が終わった後に担当者から連絡をする場合もあれば、面接が終了した時に結果を知らせる場合もあります。また、質問しておきたい事があったら質問をする事も良いです。

思い切って風俗で働こう!と決心しても実際に応募して、面接を受けることを考えるとなんだか不安ですよね。 そんな不安をひとつでも解消すべく風俗業の面接を受ける心構えをご紹介します。 まずは風俗求人をさがして、これぞ!と思ったお店に連絡をすること! 当たり前ですね(笑) 風俗業界にも様々な種類があるので、前もって選んでおくことは何より重要なのですがここでは『面接時の心構え』に的を絞ってお話したいと思います。 え?と思われるかもしれませんが、面接で一番大事なのは『志望動機』。 どうして働きたいかをはっきりと言えるようにしましょう。 面接担当者は貴女の本気を見ています。 相手は百戦錬磨のプロですから、いい加減な気持ちはすぐに見透かされてしまいますよ。 2点目は希望金額。 優良店であれば、貴女の希望額にあわせてシフトを考えてくれます。 もしも貴女が処女ならば、必ず申告してください。 容姿に自信がないのなら、人柄や個性をアピールすることで収入UPにつながります。 そして最後は、これだけはできないということを決めておくこと。 お店側も商売ですから、お客様の要求を何でも聞いてくれる女性を求めています。 けれども、貴女が風俗業を長く続けていきたいと思うならばなおさら 『これだけはNG』ということを決めておいたほうがよいのです。 風俗の面接を受ける時には、自分自身の意見をしっかりともって行きましょう。 心構え次第で、収入も変わってきますよ。

風俗の仕事には様々な種類があります。 ここではデリヘル・ホテヘル・ソープ嬢の仕事について簡単に説明していきたいと思います。
・デリヘル
デリヘルはとデリバリーヘルスの略称であり、これは男性が指定してきた自宅やホテルなどに出向いて性風俗のサービスを行います。 男性に指定された場所に行ったら男性の身体を洗ってあげたり、サービスの提供を行っていきます。
・ホテヘル
これはホテルヘルスの略称でありデリヘルと似ていて店舗を持たない営業方法ですが、自宅に行くことはなくホテルでデリヘルのように性的サービスを行います。待ち合わせをしてホテルに行くシステムが多いようです。
・ソープ嬢
ソープ嬢はソープランドという店舗に出勤して仕事をします。店の中で待機してお客様が来たら性的サービスを行っていきます。お客様の身体を洗ってあげてから性的なサービスを行っていくのですがヘルスとは違ってさらに濃厚なサービスが要求されます。この3つの中でもは最も高給となっています。 それぞれに特徴があり自分に合った仕事スタイルを選べる事ができます。 デリヘル求人・ホテヘル求人・ソープ求人の情報は専門の求人雑誌や、風俗雑誌またインターネットなどから探すことができるようになっています。

おすすめの関連サイト

神戸の風俗求人です:はてなジョブ

福原のソープ求人は稼げます:アジト